前へ
次へ

インターナショナルスクールから米大学進学

一種のファッションのようにインターナショナルスクールへ進学する日本人が増えているといいます。
しかしながら、インターへの進学という選択肢は、もっと先のことを見据えて行う必要があると考えられるのです。
というのも、インターナショナルスクールと日本の学校では指導方法が異なるばかりか考え方も大きく異なります。
そのため、ただ格好が良いからという理由や英語が話せるようになるという理由でアメリカンスクールを選ぶというのはいささか浅学であるとしか言い難いのです。
もし、子供の教育のためにアメリカンスクール場合、将来的な大学進学を見据えた上で選択する必要があることを述べておく必要があります。
将来的な見通しを立てることができる人の場合、大学はアメリカの大学へ進学することを考慮に入れた上でインターナショナルスクールで学ぶことを選択します。
もちろん、子供はまだ小さいのでそのような先の見通しの立つ考え方ができるのは、親御さんに委ねられると言わざるを得ません。
事実、両親が計画性を持って子供をインターに入れた場合、高い確率でアメリカの大学に進学することになります。
インターではアメリカの大学へ進学するための教育が行われているので、きちんとそのルートに乗ってしまえば、あとはきちんと目標を持って勉強をしていれば、アメリカの有名大学へ行くことも不可能ではないのです。
他方で、将来的な見通しを持つこと無くインターに進学してしまった場合、日本のミッション系の大学に進学することができればまだマシですが、国立大学並行となると学力レベルの差に悩まされることになってしまいます。
その理由は、インターと日本の学校では指導要綱が全く異なるため、インターを出ても日本の教育になかなか馴染むことができないということが言えるのです。
そのため、インターナショナルスクールを選択した時点で、アメリカの大学への進学に焦点を絞って学ぶことのほうが効率的であるといえます。

スポーツ 補助金

最大500万円の助成金を受けとれる可能性があります

お得に今後のリスクに関する備えを見直せます

業界トップクラスの実績なので安心してご相談ください

Page Top